TOPちぽ ≫ 帰還

帰還






長雨の憂鬱さなんて

忘れてしまうくらいの暑さが復活(+_+)







快晴の土曜日は、、、

さてさて行きましょうか?






丹沢DH





素敵な南欧風の館へ~




丹沢H




なんてね。


ここは「Tどうぶつ病院」 (・ω・)ノ







ビビる息子も緊張気味。


歯周病抗菌剤を10日間服用して


いざ出陣だぞー







処置結果からいうと、、、




位置



問題の右上顎の奥歯2本は

根元周辺の骨も溶かしていて抜歯対象だった。


しかも
既に下顎の奥歯1本は抜けていました。

とのこと、ひょぇーーー(◎_◎;)







とはいえ、

心配していた事前検査での結果も

全身麻酔からの覚醒も問題なかったので (´∀`*)ホッ






解放2



やれやれ~終わったね。



解放1


それにしてもリゾート地な雰囲気(^^;)







とりあえずの記録詳細&現物写真をまとめます~


かなりドキドキの写真ばかり(-_-;)














はっきりとした記憶はないのだけど

初春かなぁ…





顔をなでると顎をガクガクさせることが多くて

どうしたんだろう?? と思いながらも放置。




たまたま、先月初めの犬親会でM先生に聞いてみたら…

「歯が痛いんじゃない?」と。




あ…なんとなく思い当たる節が(´・ω・`)




せっかくだから見てもらおうかなぁーと思ってみても

もちろん、当然?? 口の中なんて見せやしないし

弾けているから痛さなんてそっちのけだし(・・;)




そこから口腔内観察が深刻になってきたわけで。






気になると見る側の目からも

相当痛がるようになっていて、この状態。

(写真は拡大して見れます)


術前1



術前2




ピンポイントで触れると痛がるからには間違いない涙

食事療法始めた頃からペースト状の手作り食が加わり

どうしても歯磨き不足になってしまった…反省。




ともかく、どっちにしても病院恐怖症なものだから

ドクター探しは真剣に。





病院探しから始まって、、、

期待を込めて訪れた病院は

意外に落ち着いていてくれたので…(とはいえ先生は困っていたかも~汗)



自宅で撮ってみた写真を見せながら

それでも口周りは先生に触らせたのでビックリ。





そして、処置日を予約して

いよいよの時が来た…

何かあったらと落ち着かない、自宅待機の数時間。




お迎えにいったら元気そうな様子で(´▽`) ホッ





いくつかに切断された歯を見せてもらって

アレコレと結果を聞いて、、、



歯を持ち帰らせてもらいましたので

いきますよ↓













先生に言われて(ナマモノは臭うので)

オキシドールに浸けたので、比較的綺麗です(・・;)



711-2.jpg


711-3.jpg




スケーリングしてからの抜歯処置なので

黒い部分が歯茎の中の歯石。
(歯茎内の歯石は血が混じるので赤黒くこびりつきます)


赤線は歯茎内に埋まっている部分で

既に根元周囲の骨が解け始めていて、支えていなかったらしい。。。






まさに私自身の治療と同じ説明なので

切開縫合繰り返す私もクラクラ~とする話(+_+)




しかし
術前の血液検査はほぼ問題なし。

血液検査






そして。


P7121600.jpg


う゛ーーーーーーちょっと高くなりました。。。



でも

何年ぶりかで色んな検査もやって

歯のスケーリングや爪までカットしてもらって

エプリス判定の除去もあり、、、


ちょっとした出来事もあって割引付きなのだ(^^;


10歳検診だと思えば、一安心です~はい。


しかし

これからは歯も綺麗に保てるようにしなくては。







何よりも

息子はどうやら先生のことが気に入ったみたいで苦笑


帰るときには診察室奥に戻ろうとするほどで、、、滝汗



…でも先生からは超警戒タイプの認定~ファイト~宜しくですよ (・ω・)ノ

小心者ガウガウ隊だって病院に行けるようにならないとね。。。













受け取ってきたときの歯↓
(色がちょいと刺激的すぎますので注意)












汚れがかなり分かります…



711-1.jpg



写真を残したので抜歯は処分。



蒸し暑さと共にお疲れ様~\(-o-)/

ともあれ真夏前に処置できて良かったかな。。。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL